6月24日(土)自然観察会

6月24日(土)、たいけんの里で開催された自然観察会の報告です。(天気:晴れ)

今回は、この時期に見られる「冬虫夏草」を探しながらの観察会です。冬虫夏草とは、昆虫の幼虫や蛹に寄生するキノコ。よく見られるポイントでオサムシタケを探しますが、なかなか見つかりません。こんな感じなんだけどなぁ・・・。と地面から白くて小さな突起物をみつけたので今回ガイド役のkinさんに確認してもらいました。すると、ハナサナギタケという冬虫夏草ということが判りました。蛾(多分?)のサナギから子実体が出ています。

ハナサナギタケ

ひとつ見つかると冬虫夏草を見るのは初めてという参加者の方々も「これもそうかしら?」「こっちは?」と自分の力で見つけられるようになりました(なんだか楽しそう)。皆さん眼が小さな冬虫夏草を見つけられる眼に変わってきたようです。残念ながらオサムシタケを見つけることはできませんでしたが、散策途中で粘菌(変形菌)も観察。枯れ葉や枯れ木の上をアメーバ運動しながら移動し、その後胞子を放出する子実体へと形体を変える不思議な生物の粘菌は、迷路を最短ルートで解き示すことができるというすごい能力を持っていることが研究で判っています。面白いですね。

エダナシツノホコリ(変形菌=粘菌)

今回は地面と対峙しながら小さな世界をのぞき見る観察会でしたが、時折視線を上に向けると、ネムノキの花が咲いていたり、リョウブがそろそろ花を咲かせようと花軸を伸ばしていたり、イチヤクソウの開花など、初夏らしい八国山の姿が見られました。

次回の自然観察会は7月22日(土)開催予定です。

※掲載写真ははっちこっくメイトのkinさん提供

偶然の出会い

6月は北山公園の菖蒲まつりが6月3日(土)から18日(日)まで開催されました。初日の6月3日にハナショウブの開花を確かめに出かけてきました。今年は初日から北山公園の全体でハナショウブの開花がみられました。

北山公園菖蒲まつり

北山公園まで来たのでついでに八国山まで足を延ばすことにしました。二つ池の下池の流れ出し付近で足元を飛ぶチョウの姿が目にとまりました。静かにしているとすぐ近くの笹の葉の上にとまり、翅をひろげ始めました。すると青色の綺麗な翅が目に飛び込んできました。足元にとまってくれたので標準レンズでもどうにか撮影することができましたが、次第に青色がサーッと消えていくのに少々驚きつつ、メイトのbeetnさんに写真をみてもらったところ「ミドリシジミ」とのことでした。ミドリシジミ類の翅表の色は角度によって色が変わって見えるのだそうです(構造色)。こんな近くで、しかも翅を広げた姿を見たのは初めてだったので、とても嬉しい気持ちになりました。

ミドリシジミ
ミドリシジミ

5月27日自然観察会にて

随分と遅くなってしまいましたが、5月27日(土)に開催された自然観察会の報告です。

八国山入口付近の広場で数匹のアカホシゴマダラ(春型)が時折滑空しながら飛んでいました。メイトのbeetnさんに聞いたところ、春型は名前の由来の赤い星がでないそうです。しかも外来生物だとのこと。

アカホシゴマダラ(春型)

ひだまり広場から尾根道に抜けて戻るルートをじっくり歩きながら自然観察をしました。イチヤクソウの開花にはまだ早く、その代わりサイハイラン、ネジキ、イボタノキ、ムラサキシキブ、センダンの花を観察することができました。

ネジキ
センダン

春の蝶たち

ゴールデンウイークの八国山の草地は、いろいろな蝶たちでにぎわいました。

早春の蝶、ツマキチョウは産卵を終え、間もなく姿を消します。

ツマキチョウ産卵
ツマキチョウ飛翔

ハルジオンには、多くの蝶たちが吸蜜に訪れます。

キアゲハ
コチャバネセセリ
ツマグロヒョウモン