8月12日(土)夜の昆虫観察会

8月12日、毎年恒例の八国山の「夜の昆虫観察会」が行われました。

まずはたいけんの里を18時過ぎに出発して、夕闇迫る八国山の森の中を歩きながら、みんなで夜に活動する虫たちを探します。今回もカブトムシ、コクワガタ、ノコギリカミキリ等を観察することができました。

歩いて虫探し

 

19時過ぎになると森の中は真っ暗になってきます。今度は光に寄ってくる虫たちをライトトラップという仕掛けを利用して観察します。

ライトトラップ

 

トラップにはコウチュウやガの仲間などがやって来ます。青いコガネムシのアオドウガネや小さなハンミョウのトウキョウヒメハンミョウがやって来ました。

アオドウガネ
トウキョウヒメハンミョウ

 

トラップのまわりでは「スイッーチョ」とハヤシノウマオイが鳴き、その仲間の幼虫も姿を見せました。

キリギリスの仲間の幼虫

そしてこの日の主役は、モスラのモデル、手のひら大の大きなガのヤママユでしょうか。

ヤママユ

 

たいけんの里に戻ると大きなガのウンモンスズメが出迎えてくれました。今回も昼間には出会うことのないいろんな虫たちの姿を楽しみ、20時に無事解散となりました。

ウンモンスズメ

人気のイベントのため、市報等による参加者募集は満員御礼となり、お断りせざるを得ない方も出てしまいました。来年も実施されたなら、多くの方に八国山の夜の世界を楽しんでもらえればと思います。

7月22日(土)自然観察会

7月22日(土)、たいけんの里で開催された自然観察会の報告です。(天気:晴れ 午前10時~正午)

梅雨明け後の観察会は暑さが厳しい中で行われました。ですが八国山の中に入ると幾分暑さも和らぎます。当日は色々なものを観て歩く観察会となりました。

この時期の八国山ではニイニイゼミがよく鳴いています。八国山入口付近で泥まみれの抜け殻と成虫を確認できました。すぐそばでは5月の観察会で確認した外来種のアカホシゴマダラの夏型(赤い星が付いています)、少し奥へ進むとカブトムシが!!

ニイニイゼミ抜け殻
アカホシゴマダラ(夏型・外来種)
カブトムシ

尾根道には上がらず脇道へそれると、何やら花の匂いがしてきました。ヤマユリが見頃を迎えていて、例年よりも数多くの花をつけて大きなボール状になっているヤマユリを発見。つい写真におさめてしまいました。

ヒヤシンスのようなヤマユリ
ヤマユリ

その他にはオニドコロの雄花と雌花の観察。マユミ、カマツカ、ナナミノキなどの青い実をみつけ、秋に熟した実を観察するのが楽しみとなりました。たいけんの里に戻ると、ミンミンゼミの鳴声が聞こえてきました。いよいよ夏本番です。そして8月は大人気の「夜の昆虫観察会」です。

オニドコロ(雄花)
オニドコロ(雌花)
ミヤマアカネ

夜の昆虫観察会のご案内

八国山たいけんの里主催の「八国山自然観察会」が下記内容で開催されます(はっちこっくメイト自然部会が観察会のお手伝いをしています)。8月の観察会は夜の八国山で明かりに集まる昆虫を観察します。毎年人気の事前申込みが必要な観察会です。詳細はたいけんの里にお問合せください。

「夜の昆虫観察会」(7月20日申込み開始)
日時:2017年8月12日(土)午後6時~8時 
集合:八国山たいけんの里
定員:親子先着10組 
参加費:100円(保険・資料代) 
お問合せ:八国山たいけんの里(←市ホームページへ)

7月の自然観察会のご案内

八国山たいけんの里主催の「八国山自然観察会」が下記内容で開催されます(はっちこっくメイト自然部会が観察会のお手伝いをしています)。今回の観察会は八国山や北山公園を歩きながら、その時期に見られるものを観察します。何が見られるかは当日のお楽しみです。申込みは不要の観察会なので、当日たいけんの里受付にお申し出ください。

「八国山自然観察会」(申込み不要)
日時:2017年7月22日(土)午前10時~正午 
集合:八国山たいけんの里 
保険・資料代:100円 
お問合せ:八国山たいけんの里(←市ホームページへ

 

6月24日(土)自然観察会

6月24日(土)、たいけんの里で開催された自然観察会の報告です。(天気:晴れ)

今回は、この時期に見られる「冬虫夏草」を探しながらの観察会です。冬虫夏草とは、昆虫の幼虫や蛹に寄生するキノコ。よく見られるポイントでオサムシタケを探しますが、なかなか見つかりません。こんな感じなんだけどなぁ・・・。と地面から白くて小さな突起物をみつけたので今回ガイド役のkinさんに確認してもらいました。すると、ハナサナギタケという冬虫夏草ということが判りました。蛾(多分?)のサナギから子実体が出ています。

ハナサナギタケ

ひとつ見つかると冬虫夏草を見るのは初めてという参加者の方々も「これもそうかしら?」「こっちは?」と自分の力で見つけられるようになりました(なんだか楽しそう)。皆さん眼が小さな冬虫夏草を見つけられる眼に変わってきたようです。残念ながらオサムシタケを見つけることはできませんでしたが、散策途中で粘菌(変形菌)も観察。枯れ葉や枯れ木の上をアメーバ運動しながら移動し、その後胞子を放出する子実体へと形体を変える不思議な生物の粘菌は、迷路を最短ルートで解き示すことができるというすごい能力を持っていることが研究で判っています。面白いですね。

エダナシツノホコリ(変形菌=粘菌)

今回は地面と対峙しながら小さな世界をのぞき見る観察会でしたが、時折視線を上に向けると、ネムノキの花が咲いていたり、リョウブがそろそろ花を咲かせようと花軸を伸ばしていたり、イチヤクソウの開花など、初夏らしい八国山の姿が見られました。

次回の自然観察会は7月22日(土)開催予定です。

※掲載写真ははっちこっくメイトのkinさん提供

市民ボランティアはっちこっくメイト自然部会の活動情報