9月23日(土)自然観察会

9月23日(土)、たいけんの里で開催された自然観察会の報告です。(天気:曇り 午前10時~正午)

朝方まで降っていた雨もあがり、予定通りに観察会をおこないました。今回は、北山公園と八国山を歩いての観察会です。

北山公園では田んぼの稲穂が膨らみ、黄金色に輝いていました。もうすぐ収穫です。そして、田んぼの畦道を歩きながら足元に咲くミゾソバ、イボクサ、ツユクサなどの小さな花を観察しました。そして菖蒲田ではトウキョウダルマガエル(絶滅危惧種)が「ぷか~」っと浮いている姿が・・。しょうちゃん池にはダイサギとアオサギが飛来していました。ここ数日は毎日のように見られるとのこと。いつまで北山公園にいてくれるでしょうか?

ミゾソバ
イボクサ
トウキョウダルマガエル

 

ダイサギとカツラの木

しょうちゃん池周辺にやってくると、なにやら甘い香りがしてきました。香りの元はカツラの葉のようです。カツラの葉はハート型でとてもカワイイです。

カツラの葉

じっくりと観察しながら、八国山入口の広場で各自が採取したもの(花・葉・実など)をフィルムマウントに挟んで見てみます。すると、余分な背景が無いため、小さな花でも雄しべ・雌しべなど細かな構造に目を向けて観察することができました。今日は北山公園をじっくり観察したため、八国山の中までは行けませんでしたが、入口の広場で紅葉の種、エノキの実、アカホシゴマダラを観察して終了となりました。

10月はきのこの観察会を予定しています。

参加者の作品

9月の自然観察会のご案内

八国山たいけんの里主催の「八国山自然観察会」が下記内容で開催されます(はっちこっくメイト自然部会が観察会のお手伝いをしています)。今回の観察会は八国山緑地や北山公園を歩きながら観察し、それぞれどのような特徴があるか比べてみます参加ご希望の方はたいけんの里までお問合せください。

「八国山自然観察会」(事前申込必要)
日時:2017年9月23日(土・祝)午前10時~正午※少雨決行
集合:八国山たいけんの里 
定員:先着20名(小学生以下は保護者同伴)
保険・資料代:100円 
持ち物:飲み物、雨具、あればスケッチブックと筆記用具
お問合せ:八国山たいけんの里(←市ホームページへ

8月12日(土)夜の昆虫観察会

8月12日、毎年恒例の八国山の「夜の昆虫観察会」が行われました。

まずはたいけんの里を18時過ぎに出発して、夕闇迫る八国山の森の中を歩きながら、みんなで夜に活動する虫たちを探します。今回もカブトムシ、コクワガタ、ノコギリカミキリ等を観察することができました。

歩いて虫探し

 

19時過ぎになると森の中は真っ暗になってきます。今度は光に寄ってくる虫たちをライトトラップという仕掛けを利用して観察します。

ライトトラップ

 

トラップにはコウチュウやガの仲間などがやって来ます。青いコガネムシのアオドウガネや小さなハンミョウのトウキョウヒメハンミョウがやって来ました。

アオドウガネ
トウキョウヒメハンミョウ

 

トラップのまわりでは「スイッーチョ」とハヤシノウマオイが鳴き、その仲間の幼虫も姿を見せました。

キリギリスの仲間の幼虫

そしてこの日の主役は、モスラのモデル、手のひら大の大きなガのヤママユでしょうか。

ヤママユ

 

たいけんの里に戻ると大きなガのウンモンスズメが出迎えてくれました。今回も昼間には出会うことのないいろんな虫たちの姿を楽しみ、20時に無事解散となりました。

ウンモンスズメ

人気のイベントのため、市報等による参加者募集は満員御礼となり、お断りせざるを得ない方も出てしまいました。来年も実施されたなら、多くの方に八国山の夜の世界を楽しんでもらえればと思います。

7月22日(土)自然観察会

7月22日(土)、たいけんの里で開催された自然観察会の報告です。(天気:晴れ 午前10時~正午)

梅雨明け後の観察会は暑さが厳しい中で行われました。ですが八国山の中に入ると幾分暑さも和らぎます。当日は色々なものを観て歩く観察会となりました。

この時期の八国山ではニイニイゼミがよく鳴いています。八国山入口付近で泥まみれの抜け殻と成虫を確認できました。すぐそばでは5月の観察会で確認した外来種のアカホシゴマダラの夏型(赤い星が付いています)、少し奥へ進むとカブトムシが!!

ニイニイゼミ抜け殻
アカホシゴマダラ(夏型・外来種)
カブトムシ

尾根道には上がらず脇道へそれると、何やら花の匂いがしてきました。ヤマユリが見頃を迎えていて、例年よりも数多くの花をつけて大きなボール状になっているヤマユリを発見。つい写真におさめてしまいました。

ヒヤシンスのようなヤマユリ
ヤマユリ

その他にはオニドコロの雄花と雌花の観察。マユミ、カマツカ、ナナミノキなどの青い実をみつけ、秋に熟した実を観察するのが楽しみとなりました。たいけんの里に戻ると、ミンミンゼミの鳴声が聞こえてきました。いよいよ夏本番です。そして8月は大人気の「夜の昆虫観察会」です。

オニドコロ(雄花)
オニドコロ(雌花)
ミヤマアカネ

市民ボランティアはっちこっくメイト自然部会の活動情報